自然植物100%のダイエットサポートティーとして知られるモリモリスリムですが、一部では危険な成分が含まれているという指摘もされています。

いったいどういうことなのでしょうか?
まずは、モリモリスリムで使われている原材料を全て一覧にまとめました。

  • ゴールデンキャンドル
  • ほうじ茶
  • 玄米
  • ハト麦
  • プーアール
  • 麻の実
  • ガルシニア
  • コレウスフォルスコリ
  • ヤーコン葉
  • スピルリナ
  • 明日葉
  • 桑の葉
  • 桃の花
  • イチョウの葉
  • オオバコ葉
  • フユアオイ
  • 薔薇の花
  • カワラケツメイ
  • キダチアロエ
  • 羅漢果
  • 杜仲の葉
  • アマチャヅル
  • 蓮の葉
  • コタラヒムエキス末

発がん性や毒性が指摘されるような食品添加物は一切含まれていませんし、体に優しい素材ばかりのように見えます。

しかし、詳しく調べてみたところ、ゴールデンキャンドル(キャンドルブッシュ、ハネセンナ)とコレウスフォルスコリに関する指摘が多いことがわかりました。

ゴールデンキャンドルには、法律上では「食品」ですが、下剤などに使われる医薬品成分「センノシド」が含まれています。

中国などで製造されたダイエットティーの中に、医薬品である「センナ」(ゴールデンキャンドルとは別物)が含まれていたことから、「未承認医薬品」という扱いになり、販売停止および自主回収となったニュースを時々みたことがあると思います。

国民生活センターも「キャンドルブッシュを含む健康茶-下剤成分(センノシド)を含むため過剰摂取に注意-」(http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20140123_1.html)と警告しています。

摂取量が多いと激しい腹痛や下痢に襲われますし、無理に排泄することで腸内環境の悪化にもつながりかねません。
過剰摂取をせずに適量に抑えるようにすると安全です。

また、コレウスフォルスコリでも下痢を引きおこす場合がありますし、それ以外にも、

  • 血圧を下げる働き
  • 緑内障を予防する働き
  • 血栓症を予防する働き
  • 喘息を予防する働き

があることから、これらの治療薬を飲んでいると効き目が強くなりすぎるおそれが出てきます。

また、フォルスコリンは男性ホルモンのひとつであるテストステロンを増やすため、女性ホルモンの働きが弱くなります。
このため、女性が飲むとニキビができやすくなったり、胸が小さくなる可能性もありますので注意が必要です。
妊娠中の場合は、コレウスフォルスコリの影響でホルモンバランスが崩れるおそれがあることから飲まないほうがいいでしょう。

モリモリスリム 薬局で相談するといいかもしれません。

>>モリモリスリムの詳細はこちら

「水割りで飲むのも嫌」という人も少なくない黒酢商品ですが、飲むヨーグルトに追加したり牛乳を基調にしてみるなど、自由に工夫したら飲みやすくなるのでオススメです。健康を保持したままで老後も過ごしたいと思っているなら、バランスに優れた食事と運動に取り組む習慣が求められます。健康食品を取り入れて、不足しがちな栄養素を迅速に補いましょう。食事の中身が欧米化したことが原因となって、私達日本人の生活習慣病が増えたとされています。栄養面に関して言うと、米主体の日本食が健康を維持するには有益だということです。会社の定期検診などで、「インスリン抵抗性症候群になる確率が高いので注意するべき」と指摘されてしまった方の対策としては、血圧を下げる効能があり、肥満阻止効果もあるとされている黒酢がもってこいです。血圧が高い人、内臓脂肪が気掛かりな人、シミが多めの人、腰痛に悩んでいる人、個々に望まれる成分が違いますので、取り入れるべき健康食品も異なってきます。古来より親しまれてきたローヤルゼリーは栄養価が豊富で、健康増進にうってつけということで注目を集めていますが、肌を健やかに保つ効果やしわやたるみを防止する効果もありますので、肌の衰えに悩んでいる方にもおすすめの食品です。女王蜂が食べるために生み出されるローヤルゼリーは、すごく高い栄養価があるということが明確になっており、その栄養素の一種アスパラギン酸は、強力な疲労回復効果を備えています。便秘に陥る原因はいろいろありますが、日々のストレスが起因となって便秘に見舞われてしまう人もいます。適切なストレス発散といいますのは、健康な生活のために必要不可欠です。体を動かすなどして体の外側から健康にアプローチすることも大切だと言えますが、サプリメントを活用して体の内側から栄養分を供給することも、健康をキープするには求められます。1日3度、同じくらいの時間に栄養価の高い食事を摂取できる場合はいらないものですが、あくせく働く今の日本人にとって、手っ取り早く栄養を補える青汁は大変有用性の高いものです。いろいろな野菜を盛り込んだ青汁は、栄養価が高い上にカロリーが少量でヘルシーなので、ダイエットに挑戦中の女性の朝ご飯におあつらえ向きと言えます。便を増量してくれる食物繊維も多量に含まれているので、スムーズなお通じも促進します。「暇がなくて栄養バランスの良い食事を食べることができない」と悩んでいる方は、酵素を充足させるために、酵素配合のサプリメントやドリンクを採用することをおすすめします。妊娠中のつわりの為に充実した食事をすることができない時は、サプリメントを採用することを考慮してはどうでしょうか?鉄分であるとか葉酸、ビタミン等々の栄養成分を簡単に摂ることができます。「ストレスが溜まっているな」と感じることがあったら、すぐさま休息を取ることが大事です。あまり無理し続けると疲れを回復できず、健康面に差し障りが出てしまったりします。樹脂を素材としたプロポリスは優れた抗酸化力を持っていることから、かつてエジプトでは遺体をミイラにする際の防腐剤として重宝されたと伝聞されています。
「ダイエットにトライしてはみたものの、食欲に打ち勝つことができずに失敗ばかり」という人には、酵素ドリンクを活用して挑む断食ダイエットが効果的だと考えます。医食同源という用語があることからも推測できるように、食べ物を口に運ぶということは医療行為と同じものでもあるわけです。栄養バランスが不安でしたら、健康食品を活用した方が賢明です。ローヤルゼリーというのは、はちみつでおなじみのミツバチが生み出す天然の栄養素で、美容効果が見込めるとして、若さを保つことを目的として常用する方がたくさんいるようです。「栄養バランスを考えながら食生活を送っている」人は、40歳を超えても目茶苦茶な“おデブ”になることはありませんし、苦労することなく健康体になるでしょうね。運動と申しますのは、生活習慣病の発症を防ぐためにも欠かせません。つらい運動を行なうことは要されませんが、極力運動を実施して、心肺機能の働きが悪くならないようにしていただきたいですね。長期的な便秘は肌が老け込む主因となります。お通じがほとんどないというなら、マッサージや運動、更には腸エクササイズをして排便を促しましょう。バランスに長けた食生活と適切な運動というのは、健康な状態で長く生活していくために必須とされるものなのです。食事内容に不安を抱いているという人は、健康食品をプラスしてはどうでしょうか?ビタミンと申しますのは、度を越えて口にしても尿と共に体外に出されてしまうだけなので、無意味なんだと把握しておいてください。サプリメントも「体を強くしてくれるから」と言って、大量に取り入れれば良いというものではないことを自覚しておいてほしいですね。最近耳にすることが多くなった酵素は、火を通さない野菜や果物に大量に含有されており、生きていくために不可欠な成分と言えます。外食が続いたりファストフードばかり食べるような暮らしをしていると、大事な酵素が不十分になってしまいます。ジムのトレーニングなどで体の外側から健康を目指すことも要されますが、サプリメントを利用して体の内側から栄養を補填することも、健康状態を維持するには必要です。健康維持や美肌に効果的な飲料として利用されることが多い黒酢製品は、立て続けに飲むと胃に負荷をかけることがあるので、約10倍を目安に水やお湯で割ってから飲用するようにしましょう。中年になってから、「昔に比べて疲労がとれない」、「安眠できなくなった」という方は、さまざまな栄養が含まれていて、自律神経のバランスを正常化する作用のあるローヤルゼリーを利用してみましょう。サプリメントは、いつもの食事では摂りにくい栄養成分を補給するのに重宝します。忙しくて栄養バランスに支障を来たしている人、ダイエットに挑戦中で栄養不足が気掛かりになる方に役に立つでしょう。朝ご飯をグリーンスムージーなどに置き換えることによって、朝に要される栄養は手堅く身体に入れることが可能なわけです。是非とも取り入れてみてください。サプリメントなら、体調を維持するのに有益な成分を手間無く摂り込めます。あなたに必要とされる成分を着実にチャージするように意識しましょう。